戸田記念墓地公園<公園について>

戸田記念墓地公園戸田記念墓地公園

公園についてAbout the park

広大な敷地に墓所と自然が見事に調和

当墓地公園は1977年10月2日、創設者の池田大作先生(第三代会長)により、恩師・戸田城聖先生(第二代会長)のふるさと・厚田(石狩市厚田区)に造られました。
敷地面積は158万㎡(48万坪、東京ドーム34個分に相当)。建立済みの墓所は5万7千基を超えています(2014年4月現在)。「平等性」「恒久性」「明るさ」が墓所の基本理念となっており、すべてが同一規格の洋風墓地となっています。
園内には事務機能を果たす管理センター・礼拝堂や3つの休憩所、レストランなどがあります。また園内には、師弟の縁深き記念碑が11基設置されています。墓園の中心となる戸田記念広場には、戸田先生の立像や4つの記念碑があり、礼拝堂のそばには戸田先生と池田先生が厚田の海で平和を語り合う姿がレリーフ(浮き彫り)となって収められた「師恩の碑」があります。
また、園内に植樹されたソメイヨシノの並木は、毎年5月になると満開に咲き誇り、道内屈指の桜の名所として知られています。まさに、生死不二の福徳と栄光をしのぶ安らぎ場としてふさわしい師弟有縁の墓地公園です。

開園当時の戸田記念墓地公園の墓園

開園当時の墓園

美しく配列された墓碑

美しく配列された墓碑

春の香りが広がる

春の香りが広がる

緑に包まれた墓域

 緑に包まれた墓域

多彩な植栽や動物たちVarious Plants & Animals

満開の桜が墓園を彩る

園内には自然林の他に約7万8千本の植栽があります。特に春5月に咲き薫る8千本のソメイヨシノを中心とした桜は、マスコミ等でも大きく紹介され、桜の開花期間には15万人を超える花見客で賑わいます。
園内に咲く桜の種類はソメイヨシノ(染井吉野)、エゾヤマザクラ(蝦夷山桜)、ベニヤマザクラ(紅山桜)、ヤエザクラ(八重桜)、チシマサクラ(千島桜)、ウスズミザクラ(淡墨桜)、ギョイコウ(御衣黄)、カンザン(関山)などが植栽。ほとんどの桜が樹齢30~50年のもので、開園と同時に植えられました。
また、秋には園内の銀杏や楓などの樹木が見事な紅葉となります。 シカやキツネ、タヌキ、ウサギ、イタチ、リスなど様々な動物が生息しています。鳥類ではウグイス、カッコウ、アカゲラ、セキレイ、ウソなどが見られます。

園内の桜

園内の桜

秋色に染まる墓園

秋色に染まる墓園

エゾシカ

エゾシカ

アカゲラ

アカゲラ

戸田記念墓地公園の四季The four seasons

戸田記念墓地公園の四季を映像にてご紹介

戸田記念墓地公園の春

春の映像

8000本の桜が彩る春の美しさ(1分31秒)

戸田記念墓地公園の夏

夏の映像

散策の夏! 園内と厚田の町の学会ゆかりのスポット紹介(5分44秒)

戸田記念墓地公園の秋

秋の映像

厚田の大自然が奏でる秋のシンフォニー(1分40秒)

戸田記念墓地公園の冬

冬の映像

寒さ厳しい厚田の冬、そこから訪れる春の喜び(1分39秒)