Hokkaido SOKA.net<北海道創価学会>
Toda Memorial Park<創価学会戸田記念墓地公園>
創価学会戸田記念墓地公園<公園について>
創価学会戸田記念墓地公園<利用について>
創価学会戸田記念墓地公園<桜について>
創価学会戸田記念墓地公園<厚田について>
創価学会戸田記念墓地公園<アクセス>
創価学会戸田記念墓地公園<ダウンロード>
創価学会戸田記念墓地公園
 〒061-3523
 北海道石狩市厚田区望来327
 電話 0133-77-2321(代表)

Hokkaido SOKA.net<北海道創価学会>

1 管理センター 礼拝堂 (トイレ・多目的トイレ有り)

管理センター・礼拝堂の全体
管理センター・礼拝堂の全体

故人を偲び平和を祈る場所
管理センター・礼拝堂は納骨などの受付業務を行う管理センターと休憩ラウンジを備えた中央ホール、450人収容が可能な礼拝堂が一体となっています。中央ホールには墓園創設者である池田大作先生の筆による「厚田村」の歌詞が額装され展示。また、礼拝堂正面の入口には、同じく池田先生の筆による「世界広宣流布祈念堂(せかいこうせんるふきねんどう)」との館名文字が掲げられています。この額に刻まれているように、礼拝堂は故人の追善回向とともに、世界広布・世界平和を祈る場所にもなっています。
礼拝堂 事務手続きなどを行う管理センター
礼拝堂 事務手続きなどを行う管理センター

世界広宣流布祈念堂
礼拝堂正面の入り口に掲げられた
「世界広宣流布祈念堂」の銘板


礼拝堂の銘板は1954(昭和29)年8月10日、若き日の池田先生が戸田先生とともに、初めて北海道を訪問されてから50周年の意義を刻み、2004(同16)年8月10日に設置されました。

銘板の由来文には次のようにあります。「恩師・戸田城聖先生の故郷にして、我が『心の故郷』厚田村。師弟の久遠(くおん)の契(ちぎ)り留(とど)むこの地こそ、世界広宣流布を興隆(こうりゅう)せしむ誓願の地たり」――。

ここに書かれている〝師弟の久遠の契り〟とは、昭和29年のこの時、二人で戸田先生の故郷・厚田を訪問し、厚田の浜辺で日本海を臨みながら紛争や不幸の絶えない世界の民衆の苦しみを思い、人類の幸福と平和な社会建設への展望を語り合われました。さらにこの時、池田先生は厚田の海岸に一人立たれ、世界平和実現への誓いを立てたことを意味します。

池田先生はこの時の誓いを果たしゆくため、これまで世界54か国・地域を訪問し、各国のリーダーや文化人、学者等と会見し、人類の平和と幸福の実現を探求する対談を重ねるなど、世界平和の連帯を幾重にも広げてきました。また、池田先生の心と同じくして、世界192カ国・地域のSGI(創価学会インタナショナル)のメンバーも、それぞれの地域に幸(さち)の連帯を広げています。
園内案内図に戻る


Toda Memorial Park<創価学会戸田記念墓地公園>
創価学会戸田記念墓地公園<公園について> 創価学会戸田記念墓地公園<利用について> 創価学会戸田記念墓地公園<施設案内> 創価学会戸田記念墓地公園<アクセス> 創価学会戸田記念墓地公園<ダウンロード>
Copyright(C) 2004-2015 TODA MEMORIARU PARK All rights reserved.