Hokkaido SOKA.net<北海道創価学会>
Toda Memorial Park<創価学会戸田記念墓地公園>
創価学会戸田記念墓地公園<公園について>
創価学会戸田記念墓地公園<利用について>
創価学会戸田記念墓地公園<桜について>
創価学会戸田記念墓地公園<厚田について>
創価学会戸田記念墓地公園<アクセス>
創価学会戸田記念墓地公園<ダウンロード>
創価学会戸田記念墓地公園
 〒061-3523
 北海道石狩市厚田区望来327
 電話 0133-77-2321(代表)

Hokkaido SOKA.net<北海道創価学会>

2 師恩の碑

師弟の語らいを永遠に
2010(平成22)年、創価学会創立80周年、池田大作先生・第三代会長就任50周年を迎える5月3日に建立されました。桜御影石に1954(昭和29)年8月16日、厚田の浜辺で世界平和実現への展望を語り合う恩師・戸田城聖先生と若き日の池田先生の姿がレリーフにしています。碑の形は、厚田のルーラン海岸にある洞窟を形にした奇岩をモデルにしています。「ルーラン」とはアイヌ語で「神の通る道」という意味で、厚田の名所に。碑の下部には「師恩に報ず」との池田先生の碑文を刻んでいます。
※現在、ルーランの近くに行くことはできません。

師恩の碑 ルーラン海岸
戸田墓園の象徴として輝く「師恩の碑」には、
厚田の浜で世界平和実現への展望を語
り合われた戸田先生と池田先生の姿が
レリーフされて収められている
「師恩の碑」のモデルとなった厚田の
ルーラン海岸にある洞窟を形にした奇岩


碑文には、戸田記念墓地公園の「創設者」として、初めて池田先生の名前が刻印されました。

師恩に報ず/
 忘れもしない一九五四年八月十六日 私は初めて
 恩師・戸田城聖先生の故郷 厚田の天地に立った
 夕日に輝く厚田の浜で 恩師は私に厳然(げんぜん)と言われた
 「君は世界の広宣流布の道を開くのだ」
 民衆の幸福のために 生涯をささげた
 恩師の遺言(ゆいごん)であった
 恩師の崇高(すうこう)な精神を世界に宣揚(せんよう)しゆくことが
 弟子たる私の使命であると生命に刻んだ
 以来 道なき道を切り開き
 弟子としての模範を示すべく
 ひたすら師恩に殉(じゅん)ずる思いで戦い抜いてきた
 弟子としての私の人生に一切悔いはない
 恩師の構想のすべてを実現したからだ
 恩師の精神を顕彰する“生死不二(しょうじふに)の永遠の都”を
 厚田に建設 また 恩師の尊き生涯を
 あやまたず後世に残すべく
 厚田で執筆を誓った小説『人間革命』を完結
 そして 厚田の浜で誓った「世界平和」への道は
 今 百九十二カ国・地域にまで広まった
 弟子として唯ひとり
 恩師の故郷へ連れてきていただいてから五十六星霜
 今 師弟不二(していふに)原点の地に永遠の意義を刻み
 師恩に報ずる碑を建立する
  
    二〇一〇年五月三日 
       戸田記念墓地公園 創設者 池田大作

厚田の海岸で世界広布の展望を語り合う戸田㊨と池田㊧(小説『新・人間革命』の挿絵から)
厚田の海岸で世界広布の展望を語り合う
戸田先生㊨と池田先生㊧
(小説『新・人間革命』の挿絵から)

「師恩の碑」は、まさに戸田先生に仕え抜いた池田先生の、人生の勝利宣言そのものです。
そして「師恩の碑」は、墓園の創設者である池田先生を永遠に顕彰する碑を建立したいとの、北海道の創価の同志の思いが結実して完成しました。
――日蓮大聖人の御書の一節には「恩を知ることを最高とし、恩を報ずることを第一としてきた」(御書491㌻、通解)とあります。忘恩(恩を忘れること)から社会の乱れが生じます。生み育ててくれた父母の恩を忘れてしまえば家庭は乱れます。こうした様々な「恩」のなかでも、とりわけ大切な根本の「恩」とは何か。仏法ではそれを「師恩」と説きます。すなわち人生の幸福の道を教え、生き方の規範を示す師匠への恩こそ、最も大切なものです。その師匠への恩に報いていく生き方を貫いてきたのが創価の三代会長の師弟です。

園内案内図に戻る


Toda Memorial Park<創価学会戸田記念墓地公園>
創価学会戸田記念墓地公園<公園について> 創価学会戸田記念墓地公園<利用について> 創価学会戸田記念墓地公園<施設案内> 創価学会戸田記念墓地公園<アクセス> 創価学会戸田記念墓地公園<ダウンロード>
Copyright(C) 2004-2015 TODA MEMORIARU PARK All rights reserved.